トップページ » 代表メッセージ

何が起こるかわからない時代だからこそ、企業の存在意義、そして個々人それぞれの生き方働き方が問われています。持続可能な経営を行っている百年企業は、その企業が担っているミッション(存在意義)を明確にし、そのミッションの実現に向けた経営、人材育成を実践している。短期的な利益よりも長期的な利益を重んじた経営は、世界の注目を浴びるようになってきています。さらに、これまでは会社や上司の言うことに従順で優秀な社員が求められてきましたが、先行き不透明で変化の激しいビジネス環境では、自らの頭で考え適切な行動ができる自律した社員が求められるようになってきています。

こういった環境変化の中、個々人は、いつまでも会社や社会、上司や政治家、そしてマスコミのせいにするのではなく、自ら考え行動し、自分がやりたいこと、やるべきこと、そして社会に貢献できることを見出し、そして、60億分の1である自分の個性を輝かせていく必要があります。特に、東日本大震災以降、社会をより良くするために何ができるのかを真剣に考え行動している人が増えています。社会をより良くしようという志をもち、事業の創造や革新に挑戦をしている人、いわゆる社会起業家も増えてきました。

当社は、個々人が自身の素晴らしい価値や可能性に気づき自分らしい豊かなキャリアを獲得できるよう、必要な知識の習得や実践の機会を提供していくため、個々人のキャリアの転機に真摯に向き合う『キャリアカウンセリング』や『転職支援』、そして、日本で初めての社会起業家の育成に特化したビジネススクールである『社会起業大学の運営』を行っております。さらには、企業が自らの存在意義に立ち戻り、本当に必要な人材を見出し採用していけるよう『人事採用コンサルティング』及び『人材紹介』などのサービスを提供させていただいております。

時代の大変革期である今、是非とも私達と共に個人も企業も自らの原点(存在意義)に立ち戻ることで元気を取り戻し、日本経済をそして世界経済を可能性が満ち溢れた素晴らしいものにしていきましょう。そして、次世代を担う子供たちが、夢や希望を心に抱き、自らの可能性を信じて生き生きと過ごせる環境を私たちの手で築いていきましょう。

代表取締役 田中勇一

代表プロフィール

田中勇一
リソウル株式会社 代表取締役
社会起業大学 理事長
多摩大学大学院 客員教授

京都大学理学部卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)入社。
米国カーネギーメロン大学にて MBA 取得。帰国して2年間、銀行のALM業務に携わりつつ、自分のやりたいことを探しながら悶々とした日々を過ごしたのち、ビジネススクール運営会社に思い切って転職し、人材・組織開発コンサルティング会社の立ち上げに参画。

その後、経営人材の紹介をコアとする成長事業支援会社を経て、新銀行東京設立プロジェクト草創期に2年間携わり、採用統括責任者として 5,000 人以上の応募があった公募採用で陣頭指揮をとり、銀行立ち上げに大きく貢献する。

現在は、リソウル株式会社を設立し、大手 GMS による銀行設立の人事業務コンサルティング、経営相談、起業支援、転職支援、カウンセリング等に取り組む。2010年4月には日本初の社会起業家育成のビジネススクールである「社会起業大学」を設立し、グローバルに活躍できる社会起業家育成にも従事。

2013年4月に多摩大学大学院客員教授に就任。
主な共著に「たかがMBAされどMBA」がある。
将来の夢は理想の中高一貫教育を実践する学校の設立。


トップページサービス紹介代表メッセージ会社概要セミナー情報お知らせお問い合わせ