トップページ » サービス紹介 » セミナー
2010年10月19日

非常食を備えることで、世界の飢餓救済の活動に参加できる【パンの缶詰】のご案内

救缶鳥プロジェクト

災害非常時においしいフワフワのパンを食べたくありませんか?
そして、そのパンが世界中の飢餓で苦しむ人たちを救うことになるとしたら?
「救缶鳥プロジェクト」は、そんな二つの“幸せ”を形にしました。


完成2

のプロジェクトは「モッタイナイ」を合言葉に、個人の方でも非常食を備蓄しながら参画頂ける国際貢献参加型システムとなっております。

飽食の時代と言われる日本に対し、今世界中では1分間に17人の子供達が飢餓により命を落としているのが現実です。

同プロジェクトは賞味期限3年の救缶鳥(パンの缶詰)を納品後2年間は非常食として備蓄・利用して頂き、残り1年の間に皆様のメッセージと共にお腹を空かせている人たちへ「優しさ」を送る事の出来るシステムです。

ご購入の約2年後に再購入のご案内書をお送りいたしますので「非常食を買ったが、以前購入のモノの賞味期限を忘れてしまった」というご心配もなくなります。

お中元やお歳暮またはプレゼント用にもご利用可能です。


救缶鳥プロジェクトの仕組み



≪ 防災備蓄を兼ねた国際貢献 ≫
突然災害等が起きても、1ヶ月あたり500円以内で四人家族の2日以上分(約30食)の備蓄になります。
そして二年後、お召し上がりにならなかった未開封のパンの缶詰を、飢餓地域へ義援も出来ます。


救缶鳥(200g)×15缶セット(4人家族の2日以上分:約30食) 12,000円(税込)
賞味期限37ヶ月


お問い合わせ先:info@resoul.jp


2010年10月05日

社会起業大学 第11回オープンセミナー 日本をリードする社会起業家をお招きします

ロゴ


第11回

日本をリードする社会起業家を招いた
オープンセミナー開催

社会起業大学“初”のW講演&パネルディスカッション

◆社会性と経済性が両立した
障害者の自立支援とは?

◆世界の飢餓を救済する
市民参画型プロジェクトの起こし方


日時:2010年11月6日(土)
開演 13:00~17:00(開場12:30)

今回のオープンセミナーは、株式会社スワン 代表取締役社長 海津歩氏と株式会社パン・アキモトの代表取締役 秋元義彦氏のお二人をお招きし、W講演&パネルディスカッションを開催します。商品としては共に“パン”を扱っておりますが、それぞれはどのような経緯で事業を立ち上げ、社会性と経済性を両立するに至ったのか、また商品開発や人材育成などはどのように行っているのか、詳しくご講演頂きます!

講師

海津 歩 氏
株式会社スワン 代表取締役社長

2005年「スワンベーカリー」を経営する株式会社スワンを、小倉会長亡きあとに引き継ぎ、代表取締役社長に就任。内閣府の総理大臣直轄プロジェクトメンバーとして各大学等での講演他、国内外の社会企業の国際会議に多数出席。

講師

秋元 義彦 氏
株式会社パン・アキモト 代表取締役社長

昨年から備蓄しながら国際貢献の出来る「救缶鳥プロジェクト」を立ち上げ、全国を行脚して講演とPR活動を推進中。 また市民参加型国際貢献と、もったいない運動のモデルになる。社会貢献事業の報奨として各種表彰を受ける。



詳細はこちら


2010年09月28日

社会起業大学 第10回オープンセミナー 日本をリードする社会起業家をお招きします

ロゴ


第10回オープンセミナー

社会起業家に求められる

「社会的問題解決」と

「社会システムの変革」とは?

日時:2010年10月2日(土)
開演 9:30~11:00(開場9:15)

今回の講師は、神奈川県職員と特定非営利活動法人パブリックリソースセンター 代表理事として、行政とNPO法人の両方の立場から社会問題の解決 や、そのためのインフラ整備、人材育成等のために飛び回りっておられる久住剛氏です。ご自身が代表理事を務めているNPO法人パブリックリソースセンター の取り組みとともに、どのようにして社会的課題を解決していくのか?社会起業家に求められることについて熱くご講演いただきます!

講師

久住 剛 氏
特定非営利活動法人パブリックリソースセンター  代表理事

主な著書、「NPO基礎講座」(共著、ぎょうせい1997年)/「SRI社会的責任投資入門」(共著、日本経済新聞社2003年)等

詳細はこちら


2010年09月22日

社会起業大学 第9回オープンセミナー 日本をリードする社会起業家をお招きします

ロゴ


第9回オープンセミナー

市民・行政・企業から求められる

本当の「社会貢献事業」とは?

日時:2010年9月25日(土)
開演 13:00~17:00(開場12:30)

霞ヶ浦の再生を目指して市民型公共事業『アサザプロジェクト』を1995年に立ち上げた飯島氏。このプロジェクトには、これまでに延べ18万人の市民が参加したと言われています。公共事業は行政がやるものという常識を覆し、行政、企業、漁協、農協、生協、学校、市民を結び付けた斬新な発想で社会システム全体を再生しようとしています。なぜこれほどまでに市民・行政・企業から求められる事業・NPO法人となったのか、本当の「社会貢献事業」とは一体どんなものなのか?飯島氏にご講演頂きます!

講師

飯島 博 氏
特定非営利活動法人アサザ基金  代表理事

主な著書、「住民・コミュニティとの協働」(ぎょうせい)/「よみがえれアサザ咲く水辺」(文一総合出版)等

詳細はこちら


2010年08月16日

社会起業大学 第8回オープンセミナー 日本をリードする社会起業家をお招きします

ロゴ


第8回オープンセミナー

社会性と経済性を両立する

「障害者雇用における企業の役割」とは

日時:2010年8月20日(土)
開演 13:00~17:00(開場12:30)

父親の経営を引継いだ大山氏は、たまたま、福祉施設の研修生として受け入れた知的障害者を、従業員の訴えを契機に雇用することになり、今日障害者雇用のモデル的経営を展開し、社会的感銘を与えている経営者です。企業とは何か?働くことは何か?企業の役割とは何か?大きな気づきが得られるはずです。

講師

大山 泰弘 氏
日本理化学工業株式会社 取締役会長

主な著書、(知的障害者に導かれた)『働く幸せ』(WAVE 出版)。主なメディア出演、テレビ東京「カンブリア宮殿」等

詳細はこちら